女性

ママの悩みの種とも言える妊娠線はクリームで消そう

外部刺激に負けない肌を

笑顔の女の人

自分にあう化粧品探し

敏感肌で悩んでいる人は多いものです。敏感肌とは、さまざまな外部刺激に弱く、そのために肌トラブルや肌ダメージが起こる人を指します。敏感肌の人は、自分にあった化粧品がなかなか見つからなかったりして、化粧品で肌荒れが起こったり、洗顔剤やクレンジングでもトラブルがおきやすいこともあります。デリケートな肌はかゆみや痛みといったかぶれの症状や、顔が腫れたりほてったりする症状に悩まされることがあります。敏感肌になるメカニズムは、乾燥や紫外線などが原因とされています。乾燥によって肌のバリア機能が低下したり、紫外線からダメージを受けることで肌の水分量が減り敏感肌になってしまいやすくなります。乾燥や紫外線の他に生活習慣やライフスタイル・食事・ホルモンバランスや自律神経の乱れなどの原因も考えられます。

正しいスキンケアを行う

アトピーやアレルギーなどで敏感肌になったと思われる人は、皮膚科の医師と相談し治療をすることで改善が期待できます。間違った肌ケアを行っている人は、毎日のスキンケアから見直す必要があります。毎日のメイクをクレンジングと洗顔で洗い流し、そのあとでしっかりと保湿します。皮脂やセラミドを化粧品や乳液・クリーム・美容液などで保湿して助けてあげることで敏感肌が解消されてゆきます。肌は生活習慣の乱れやストレスなどでも悪化します。しっかりと睡眠や休息をとる・ストレスをなくす工夫・エアコンや暖房による乾燥の対策をしっかり行いましょう。また、暴飲暴食や、かたよった食生活でも肌に影響を与えます。バランスのよい食生活を心がけましょう。